2019-9-13 5班校外学習活動 大阪インドネシア領事館訪問

大阪国際交流センターでの「留学生による日本語スピーチコンテスト」に出席後、
5班の校外学習活動(領事館めぐり)の第一回目として”大阪インドネシア領事館”に
訪問しました。

社会文化担当領事のヌシアガ・プトリー(Nusiaga・Putri)さんと
社会文化教育担当秘書のスラメット・ウィナルディ(Slamet・Winardi)さんと
お話することができました。

インドネシア自国の事、日本との関係など生のお話を聴くことができ
大変有意義な時間でした。

領事から
「10月5日(土)と6日(日)の両日に湊町リバープレイス プラザ2・3で
”インドネシア・日本まつり”を行います。
多くの人たちが来てインドネシアを知ってほしい」とありました。

お時間がある方は、是非、このイベントに参加し、
お楽しみいただければと思います。
  
●インドネシア領事館情報サイト
http://www.indonesia-osaka.org/ja/

領事と集合写真
1 CIMG1463

領事館フロントで撮影
2 インドネシア領事-2

次回は、どの国の領事館に訪問しようか?

2019-9-13 日本語スピーチコンテスト

2019年9月13日、大阪日本語教育センター主催の留学生による「第42回日本語スピーチ
コンテスト」が上本町の大阪国際交流センターで行われました。
1 CIMG1331

当国際文化交流科のメンバーも含め約200名強が出席していました。
2 CIMG1441

発表者は22名でした。中国、インドネシア、ブラジルなどの留学生です。
「ナウル」という国からの留学生もいました。

発表者は、各自のテーマを流暢な「日本語」で述べ、中には、涙腺を緩ませる内容もあり
ビックリさせられました。
4 CIMG14545 CIMG1455
傾聴する出席者たち
6 CIMG1451

休憩時に講評し合う国際文化交流科のメンバーたち
7 CIMG1439

発表後の留学生たちと
8 IMG_20190913_120616_20190913153712
9 IMG_20190913_120810_2019091315365210 IMG_20190913_122551_20190913153640

審査結果、10名の方々が入賞されました。「おめでとうございます」
11 CIMG1461
卒業後は、日本に定住・就職かな?

西洋文化・キリスト教文化 2

令和1年9月9日  2回目の石黒マリーロ-ズ講師から授業を受けました。



God be with you.
Japan is beautiful country

多くの作家、歌手が日本語のやさしさや、心の歌を、作ったり、歌ってきました。
日本文化の素晴らしさを教えるような歌でした。

★キリスト教文化では、日曜日の教会で歌って踊ります。

コミニケ―ション、愛情について、心を開くために、
ハグをしたり、キスをします。聖書にあるように、憐れみを感じます。

キリスト教を理解することによって、英語、フランス語.ドイツ語をより良く楽しく
理解することができます。

午後は、留学生5人と
和食の良さや、神社仏閣、日本の芸能、伝承玩具、伝承文化(茶道)について、
話し合いました。

講義終了は全員で写真を撮りました。
和食
神社仏閣
日本の芸能
伝統玩具
伝統文化
全員集合

放課後、フェスタの練習(フラダンス)をしました。当日はうまく踊れるかな?
フラダンス

2019-9-3 島田さんの地区活動記事が掲載されています

4班の一員である島田一郎さんの地区活動の内容が読売新聞に掲載されています。

島田さんは、現在、本科の受講生であり、留学生との交流会のイベントなどでご活躍されて
いますが、尼崎市浜南社会福祉協会の会長として地区のボランティア活動でもご活躍されています。
島田さん紹介 IMG20190731162418 A

協会の会長に就任後、地区の方々および海外の方々との地区活性化やコミュニケーションに
日々励んでおられます。
気軽に楽しめる「はま喫茶」や料理・お酒を味わえる「はまバル」もあります。
一度、お邪魔されてはどうですか?

異文化理解と西洋文化

                                         令和1年 9月2日
 異文化理解と西洋文化について、石黒マリーロ-ズ先生から講義を受けました。

KIMG0090 - コピー

先生からまず、「東京 は、世界一安全です。そして大阪は、世界第三位に安全な都市です」とありました。

先生はレバノン生まれで、日本語 学校の先生 も現在、されています。
レバノンについては「パレスチナ難民とイスラエルが戦争をしています。  
子供たちの涙が忘れられません。大人が戦争をして子供の家や家族、学校、友を失います」と訴えておられました。

また「日本人は恵まれています」ともおっしゃっておられました。

現在の世界をみて、先生は
「私たちは人間で機械ではない。ITは必要だけれども愛情が大事です。
自由にコニニケ-ションができたら、戦争はなくなる。

 ありがとう.ありがとう。と言える勇気と謙遜の態度 、日本の百貨店 のお辞儀.......素晴らしい
ことがある。
ITも大事だけれども、ほめながら、心を大切に.を.....最優先にして、日々暮らして
いただきたい。」とコメントを受け、本日の講義は、終了しました。
次週も先生から2回目の講義を受講する予定です。

午後は、今後の各種行事について、各班そして、クラス全員で討議をしました。
・遠足 ・留学生交流会 ・コーダイジョイフルゲームズ など